外国人の就職支援や人材派遣【サポート役となってくれるサービス】

Menu

日本で働くためには

オフィス

日本の文化やルールを守る

外国人として日本で働く人は年々増加しており、とくに東京オリンピック招致決定に伴い、日本に訪れる外国人が増え、インバウンド消費も共に増えましたが、日本に訪れる多くの外国人が感じることがあると言われています。それは、日本の治安の良さときめ細やかな配慮です。日本には健康保険制度や年金制度があり、社会保障制度の充実や労働環境に対するコンプライアンスレベルが世界でもっとも高いと言われています。日本の大学に留学し、そのまま日本で就職する人も多く、海外に拠点を構える日本企業に就職し、ゆくゆくは母国の日本法人に働きたいと考える人も多いです。現在の日本は少子高齢化が進み、今後の労働者の不足問題は深刻です。グローバル市場で勝負する大手企業は人材不足が深刻で、海外から人材を確保する動きが見られます。外国人として日本で働くためにはビザの申請をすることになり、切り替えも必要です。大手企業が外国人を雇用する場合、ビザに関しては非常に厳しく監視しています。現在は日本在住の外国人は中国人がもっとも多く、韓国人、ベトナム人増加が見られます。外国人が日本で就職する時の壁となるのが言葉の問題です。日本語は同じ言葉で発音でも使い方によって意味が異なります。会話の脈略から意味を理解する必要があります。日本でのどれくらい生活しているか、どの程度文化やルールを知っているかも重要となります。外国人は日本でのマナーが悪いというイメージがあります。日本で就職するためには社会的ルールを理解している必要があります。

Copyright© 2018 外国人の就職支援や人材派遣【サポート役となってくれるサービス】 All Rights Reserved.